検査について

当院では高い診療技術と最新の検査機器により、患者様に合わせた安心安全な医療をご提供いたします。特に胃カメラや大腸カメラに、苦しいイメ-ジをお持ちの方が多いようですが、当院では、受診される方の体への負担を少なくし、必要に応じて、鎮痛剤や鎮静剤を使用し、苦痛のない検査を目指しています。

消化器疾患の中で特に多いがん診療の原則は早期発見早期治療です。消化管癌の死亡率は高く,特に大腸癌は著しく増加しており、男女とも死亡率で1,2位を争うほどですが、一方で消化管の癌は早期に発見できれば内視鏡治療などの体にダメージの少ない治療で治癒が見込めるほど治療は進歩しています。 したがって、症状が出る前の早い時期に見つけることが重要となります。

最新の検査機器

なお、おなかの検査は絶食で行うことが多いため、可能であれば食事をせずに来院していただくことをおすすめいたします。

胃カメラ

kensas_ikamera
最新の内視鏡システムを使用して、食道から胃・十二指腸まで詳しく検査を行います。また、苦痛のないように静脈麻酔や超細経の内視鏡を使用することができます。
詳細はこちら

大腸カメラ

kensas_ikamera
肛門から一番奥(回盲部)まで全大腸を検査します。
当院では苦痛のない検査のために高い技術を持った内視鏡専門医が検査を行い、さらに不安の強い方は静脈麻酔の併用も行います。
詳細はこちら

内視鏡治療

kensas_ikamera
内視鏡的に切除可能な大腸ポリープは、検査中に治療できます(日帰りポリペクトミー)。ただし、出血のリスクが高いものや精密検査が必要な病変は除きます。また、切除した場合、当日と翌日の点滴の追加があります。

ピロリ菌

kensas_ikamera
ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍、さらには胃がんの原因にもなります。ピロリ菌の検査は保険診療の場合,胃カメラ検査で慢性胃炎が存在することを確認する必要があります.また、希望すれば自費で検査を受けることが出来ます。

超音波

kensas_ikamera
超音波検査は体の外から各臓器を観察することができ,体に負担のない検査です.
検査機器の発達で詳細な検査が可能となってきていますが,得意分野があり,下記の臓器が主な対象です.
○腹部: 肝臓・胆嚢・膵臓・腹部大動脈・腹部リンパ節・
      腎臓・膀胱・前立腺・子宮・卵巣
○頚部: 甲状腺,頚部血管(動脈硬化・血栓・狭窄・血流速度など)
詳細はこちら

心電図

心電図検査で、狭心症や不整脈など心臓の疾患を調べます。胸の痛みや動機などを感じる場合にご相談下さい。

レントゲン

○胸部レントゲン(肺ガン、肺炎などの検査)
○腹部レントゲン(腸閉塞などの腹部疾患の検査)