超音波

超音波検査は体表に超音波を用いて体外から体の中の様子を見る検査で、ほとんど患者さんの負担がない検査です。
また、来院当日の検査が可能ですが、腹部の場合は当日絶食で御来院ください。

超音波検査

腹部

腹部症状の原因検索を行いいますが、対象は以下の臓器です。
肝ぞう、胆のう、膵臓、および、腎、膀胱、前立腺、子宮、卵巣
また、機器の進歩により消化管の観察も可能となってきています。ただし、小さな病変は発見が困難です。

頸部

主な目的は以下のとおりです。

  • 甲状腺腫瘍や甲状腺機能異常の原因の検索。
  • リンパ節など頸部の腫瘍性病変なでの検索。
  • 動脈硬化や血管の狭窄の具合を調べ、脳卒中などのリスクを評価します。