入院のご案内

当院の病床(36床)は全て療養病床です。
病院の受け持つ役割として国は機能分化を進めており、急性期病院・療養型病院(回復期病院・慢性期病院)等、必要に応じた役割を決めています。
療養病床とは、急性期の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、病院での継続的療養が必要な患者様を対象にご利用いただく病床のことです。
その中でも当院は比較的医療必要度の低い一方で在宅復帰が困難で長期の療養が必要な患者様を多く受け入れています。
また、病状が安定した場合には当院の関連施設の介護老人保健施設であるとべ和合苑への入所も可能です。
当院では必要十分な医療、看護、介護につとめ、お年寄りとそのご家族を支えていく事を目指しております。

在宅医療 ※往診もご相談ください。
その他諸々のことについて、ご遠慮なくご相談ください。